thought

わたしたちの想い

どんな家に生まれても
子どもが前向きに生きることができ、
その生き方で誰かの支えとなれる社会に。

「将来なんて真っ暗だった。自分が高校に行けるなんて思ってなかった。」
「女手ひとつでも、社会に出て恥ずかしくない子どもを育てたい」
これは私たちが出会って来た子どもと保護者の方の言葉です。

私たちは、子どもが将来を諦めることがない未来を作りたい。「女手ひとつで」と思わなくていい未来を作りたい。
いつ何時家族がどのような状況になったとしても、子どもの状態がどうなったとしても、安心して頼れる相手がいる。
その子の将来を絶対に諦めない人たちが当たり前に身近にいる。

その先に、社会に出て自分の人生をしっかりと歩んでいける子どもたちが育つ未来があると信じています。
私たちはその未来を、保護者の方はもちろん、学校の先生やその町で暮らす子どもを取り巻く方々と共に作っていきたいと考えています。

そして、たくさんの支えによって育まれたその子の生き方が、次の世代の子どもたちの一つの道しるべとなるように。
そんな思いを込めて
「どんな家に生まれても子どもが前向きに生きることができ、その生き方で誰かの支えとなれる社会」
を私たちは目指しています。

thought

大切にしていること

一人一人の子どもに
徹底的に向き合う
学習支援の現場だから勉強するというように事業の枠の中で物事を考えるのではなく、目の前の子どもの様子や発せられる一言一言に向き合い、その子に必要なサポートは何かを考えて動き続けます。
顔の見える関係
保護者の方はもちろん、学校の先生など子どもをともに支えていく方々と顔の見える関係にあることが、子どもを支えるチームとなる上で大事なことだと考えます。そうした関係づくりを私たちは大切にします。
一人にしない
子どもはもちろん、その子どもたちを支える大学生や職員も含めて一人にしない。関わりの中で生まれる悩みや葛藤を、一人で抱え込むようなことがないように。子どもを支える最高のチームを目指して努力し続けます。

thought

代表挨拶

あっとすくーる 代表

渡 剛

ひとり親家庭の子どもたちが、
いつでも前を向けるように。

自分自身がひとり親家庭で育ち、経済的にも精神的にも苦しい経験をしたことがあっとすくーるを立ち上げるに至った原点でした。
「どうしてうちがこんなにしんどいのに、誰も助けてくれないの?」
「こんなに苦しいなら、死んだ方が楽かもしれない。」
どちらも、当時子どもだった僕が母に涙ながらに伝えた言葉です。

僕の場合はいくつかの幸運が重なり大学に進学することができ、今はこうして同じ境遇の子どもたちを支えることができています。

次の時代を生きる子どもたちが、僕のような思いをしなくていいように。
いつ何時家族に何が起きようとも、子どもたちが前を向いて生きていけるように。

そんな社会の実現に向けて、これからもあっとすくーるは一歩一歩あゆんでいきたいと思います。

thought

団体概要

団体名

特定非営利活動法人あっとすくーる

法人設立日

2012年3月30日(団体設立日:2010年3月6日)

理事長

矢野 剛(やの つよし)

スタッフ

常勤7名

所在地

〒562-0003
大阪府箕面市西小路 2-7-22 MKM友ビル301号室

Tel / Fax

072-702-0020

Mail

info@atto-school.com

学習塾事業

一人一人に合わせた学習ができる個別指導形式の授業を行う学習塾を運営しています。授業がない日でも塾に来て居場所として過ごすこともでき、多くの子どもたちから「第二の家」と呼ばれています。また、年に数回社会人を招いて将来を考えるイベントを行ったり、子どもの夢や目標に合わせたイベントも実施しています。

行政委託事業

生活困窮者自立支援制度に基づく学習支援事業を、行政から委託を受け実施しています。

講演事業

あっとすくーるの活動紹介や、ひとり親家庭の現状についての講演を行っています。詳細はこちらをご覧ください。