collaboration

協働する

「子どもの貧困を解消する」「貧困の連鎖を断ち切る」言葉にするのは簡単ですが、
それを実現するには非常に困難な道のりが待っています。
私たちにとって「協働する」ということは、その困難な道のりをともに歩んでくれる仲間を増やすということです。
私たちにできないことは支えてもらい、逆に私たちが力になれることは全力で貢献します。
たくさんの支えの中で育った子どもたち一人一人の生き方が、次の子どもたちの道しるべになるように。
そんな未来を一緒につくっていきませんか?

to_company

企業の方へ

これまでも様々な企業の皆様と連携して、子どもたちに多様な機会を届けてきました。 時には、それぞれの企業でお持ちの強みや専門性を活かして、私たちあっとすくーるの活動をサポートしていただいたこともありました。 特にこれから力を入れていきたいのが、子どもたちが「働く」について考えたり、「働く」のイメージを膨らませるための機会作りです。ぜひ、皆様の力を貸してください。

企業の皆さまとできること

  • 子どもの「働く」を
    豊かにする
  • 社会の中に
    「理解」を広げる
  • 日常を彩る
    「機会」を届ける

あっとすくーると協働する

「働く」を知るイベント
協業者さま 株式会社セールスフォース・ドットコム 様
社員の方にお越しいただき、ご自身の中学生・高校生時代のお話を聞かせていただいたり、今のお仕事に至る経緯を聞かせていただきました。また、そのイベントの後には普段働かれているオフィスを訪問させていただきました。自分たちだけではなかなか作れない「働く」イメージを膨らませる機会を、子どもたちに届けることができました。
子どもの学力アップに繋がる 親子コミュニケーション講座
協業者さま 阪急阪神ホールディングス株式会社 様
(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト)
私たちが学習支援を行う中で磨いてきた子どもたちへの関わり方を、子どもをもつ保護者の方にお伝えするイベントを実施しました。特に私たちが苦手な参加者募集の面でサポートをしていただいたり、さらに当日の会場もご提供いただくなど全面的に支援をしていただき、あっとすくーるのことを知っていただく貴重な機会を作っていただきました。
母の日イベント
協業者さま 株式会社フォーユーカンパニー 様
ご自身もひとり親家庭で育たれた経験のある方が代表を務めておられる企業にご協力いただき、母の日に渡すプレゼントを作るイベントを実施していただきました。今では毎年の恒例行事となり、言葉では伝えられないありがとうを、プレゼントに込めて伝える1日になっています。

協働者さまの声

株式会社セールスフォース・ドットコム
川俣大 さま
長年にわたり、プログラムをご一緒させていただき感謝しています。
これからも生徒さんたちとの交流を楽しみにしております!
京都サロン代表
小林あす未 さま
今回初めて参加させて頂きました。子供達が楽しそうに作る姿が印象的でメッセージカードには照れながらも感謝の気持ちを綴っておりとても微笑ましかったです。イベントをきっかけにたくさんの笑顔をみる事ができとても嬉しく思います。あっとすくーるには笑顔が溢れており
子ども達にとって大切な居場所になっている事とても素敵な空間だと感じました。ありがとうございました。
京都サロン
前原恵美 さま
母の日イベントは今回で4度目の開催ですね。私は初参加でしたが、素直でまっすぐな子供たちの様子に心が和みました。メッセージカードの言葉にはウルっときてしまいました。このスクールがこの子たちにとってかけがえのない場所になっている事が微笑ましく感じます。楽しいレッスンができ、嬉しい限りです。これからもよろしくお願いします。

SDGsへの取り組みについて

私たちあっとすくーるは、世界を変える持続可能な開発目標(SDGs)のうち、
以下の6つの目標を達成すべく活動に注力しています。

to_administration

行政の方へ

私たちと行政の皆様との関わり方は多様で、委託事業を通じて一緒に子どもたちを支えることもあれば、研修やシンポジウムという形で、子どもの貧困について市民の皆様と一緒に考える機会を作ったこともありました。そしてもちろん、日々子どもたちを支える中で行政の方々と連携することも多々ありました。これからも様々な形で、行政の皆様と連携して子どもたちを支えていきたいと考えています。それだけでなく、子どもたちを支える輪を広げていくことにも共に取り組んでいきたいと思っています。

行政の皆さまとできること

  • 委託事業を通じて
    子どもたちを支える
  • 子どもの貧困への
    理解を広げる
  • 子どもたちを支える
    ネットワークを作る

consignment_business

委託事業

現在あっとすくーるでは、箕面市、吹田市より委託を受けて生活困窮世帯の子どもたちへの学習支援事業を実施しています。教室型だけでなく派遣型の支援も行なっています。

実績

学力保障・学習支援学生サポーター派遣事業
2019年4月1日〜2020年3月31日
箕面市
箕面市内に暮らす小学生〜高校生が対象の事業です。生活困窮世帯で暮らす子どもや不登校の子どもたちに大学生のサポーターを派遣してサポートします。サポートの実施日時や場所、内容は学校の先生やスクールソーシャルワーカーの方々と協議し、一人一人の子どもの状態に合わせて決定します。サポートする中で見えてきた本人を取り巻く課題に応じて、各種関係機関と連携しサポートに当たっています。
吹田市生活困窮世帯の子どもの学習支援教室事業
2019年4月1日〜2020年3月31日
吹田市
吹田市内で暮らす生活困窮世帯の中学生が対象の事業です。北ブロック、南ブロックの2ヶ所で、公共施設の1室を借りて週2回ずつ実施しています。教室では勉強はもちろん、外部からゲストを呼んで進路に関するイベントを実施したり、季節イベントを行なったりしています。